JUNKO MAKINO
Photo
デザイナープロフィール

大阪外国語大学(現大阪大学)ロシア語専攻卒業。
在学中より、ファッション、建築、インテリア等のデザイン全般に興味を持ち、この頃から独自の審美眼を養い始める。
大手企業の営業を経て、英国のノッティンガム・トレント芸術大学および文化服装学院にて、テキスタイルデザインを学ぶ。
アパレルメーカーにて販売、企画デザイナーの経験の後、2008年よりレディースバッグブランド「Enevare」を立ち上げる。

2009年2月
「Enevare」09-10 A/Wコレクションよりスタート。
2011年9月
日本を代表するバッグブランドとして、経済産業省より推薦を受け、ミラノの展示会「MIPEL」に出展。
2011年11月
一般社団法人日本メンズファッション協会より、「第8回ベストデビュタント賞」をファッション部門にて受賞。
2012年2月
日本を代表するレザーブランドとして、経済産業省より推薦を受け、NY の展示会「Leather Japan 2012」に参加。
2015年10月
東京渋谷区にショールーム兼サロンをオープン
2016年9月
新ノンジェンダーブランド「Junko Makino」をスタート
designer profile

Graduated from Osaka University of Foreign Studies (now Osaka University), Department of Russian Studies, where she developed an interest in design, including fashion, architecture and interior design and began to cultivate an individual appreciation.
Following her experience in sales at a large company, Junko studied textile design at Nottingham Trent University, Department of Textile Design in England and at Bunka Fashion College , Department of Textile Design in Tokyo Junko joined the sales and design teams of an apparel manufacturer, and then, in 2008, established Enevare, a women’s handbag brand.

  • February of 2009: Introduced the 2009/2010 Enevare autumn/winter collection
  • September 2011: Received a recommendation from the Japanese Ministry of Economy, Trade and Industry to represent Japan at the prestigious MIPEL show in Milan
  • November 2011: Chosen as the best debutant of the year in the fashion department by The Men’s Fashion Unity in Tokyo, Japan.
  • February 2012: Selected to represent Japanese leather brands, with a recommendation from the Japanese Ministry of Economy, Trade and Industry, at “Leather Japan 2012” show in New York
  • October 2015: Salon and Showroom in Shibuya, Tokyo opens
  • September 2016: Launched a new Free-Gender brand - Junko Makino
– 究極の創造 –

創造という宇宙がすべてを包み込み、
すべてを解き放つとき、生命のエネルギーがまわりだす。
究極の創造とは、生命のエネルギーをひとつに集め、光の柱のごとく生みだすこと。その柱は空高く突き抜け、宇宙へと届く。
そしてまた新しい生命が生まれていく、果てしなく広がる循環の姿。

Junko Makinoのコレクションは、
日本最高峰による「究極の創造」のかたちを表している。
究極のフォルムデザイン、究極の素材、究極の技術、究極の伝統文化
これらすべて一体となって現れたもの、それがJunko Makinoである。

ノンジェンダーブランドとして、デザイナー自身が
「性の垣根を超えた存在=ノンジェンダー」を表現し、
男性が女性性を楽しみ、女性が男性性を楽しむ、
という性を超えたファッション本来の姿、
自由で制限のない世界を楽しむことを提案している

- Ultimate Creation -

When the universe of “Creation” embraces everything and then lets it go,
the energy of life begins to flow.
Ultimate creation is to gather all of this energy of life together
and channel it into a pillar of light that pillar extends into the sky, so high,
and reaches to the universe.
There, new life is born again, and the cycle continues endlessly and boundlessly.

The Junko Makino Collection embodies “Ultimate Creation”
by the top talent in Japan.
Ultimate designs, ultimate materials, ultimate techniques, ultimate traditional
culture. Junko Makino is the sum of these parts.

As a Free-Gender brand, designer herself expresses
“an existence that crosses the barriers between genders – Free-Gender”
and proposes a free and unlimited world of fashion irrespective of gender
where men find joy in femininity and women find joy in masculinity.

JM

アイコンの「JM紋」には、まさに「日本の精神」が凝縮されている。
その形は刀の鍔を表している。
Junko Makinoの頭文字とMade in Japanの頭文字が
重なっているのは偶然ではなく、
Junko Makinoが「真の日本の美」「最高峰の伝統文化」
を体現していくことを表している。
「JM紋」は新時代の「ジャパンラグジュアリー」の始まりであり、象徴である。

JM紋のデザインは、日本を代表する、
国内外で活躍中の紋章上絵師(もんしょううわえし)、
波戸場承龍(はとばしょうりゅう)氏によるもの。
JM紋は様々な縁起の良い意味合いがこめられてデザインされている

  • 文字の先端の‘撥(は)ね’は、末広がり(繁栄)を意味する
  • クロス部分は‘結び’を表し、Junko Makinoが日本と世界を繋ぐことを表している
  • クロス部分の赤い丸は、‘日の丸’を表す
  • ‘M’の形が富士山を表し、赤い丸はこの場合、‘マグマ’も表現している
  • 円形の外側の‘撥(は)ね’は、エネルギーを生み出す方向の‘右回り’になっており、その‘撥(は)ね’は、無限を表す‘8個’から成っている

The true spirit of Japan is contained in the “JM Crest” that serves as the Junko Makino logo.
The shape represents the tsuba (hilt) of a Japanese sword.
The intersecting J and M represent both “Junko Makino” and “Made in Japan”
Junko Makino embodies True Japanese Beauty and
the pinnacle of Japanese traditional culture,
and symbolizes the beginning of a new era of “Japanese Luxury”.

The “JM Crest” was designed by Shoryu Hatoba,
a well-known Japanese artist and painter of family crests,
who enjoys success both in Japan and overseas.
The design for the JM Crest contains various auspicious meanings:

  • The extensions of the M symbolize increased success (prosperity).
  • The intersection in the M expresses “connection” between Junko Makino and the world.
  • The red dot with the M symbolizes “Hinomaru”, the Japanese national flag.
  • The shape of the M embodies Mt. Fuji, and in this case, the red dot also symbolizes magma.
  • The out circle is created from 8 tiles stacked in a clockwise direction,
    which produces energy. In Japanese characters 8 (八) symbolizes infinity.